決済の手間次第で法的判断が変わる

インカジの危険性について

インカジの危険性について

インカジとはインターネットカジノの略で、オンラインカジノを使った違法ギャンブルです。
最近のインカジはインターネットカフェの形態を装い運営していることが多く、そのためカジノカフェという名で呼ばれることもあります。
インターネットカフェのようにパソコンが複数台用意され、利用者はそのパソコンを使ってオンラインカジノにアクセスしギャンブルを行います。

一般的に違法ギャンブルといえば、カジノ設備が整ったビルの一室などが賭場となります。
ディーラーを雇う必要もありますし、各ギャンブルごとのテーブルも用意しなければなりません。
客側も利用するのなら豪華で清潔感のあるところを選びますので、違法ギャンブルの場を用意するには多くの資金が必要となります。
しかしインカジの場合は、インターネット環境とパソコンがギャンブルを行うことができるので、違法ギャンブルの中でも初期費用を大きく抑えすぐに開店することができます。

こうした始めやすさからインカジの数は年々増え、その増加に伴い摘発、逮捕件数も上昇しています。

インカジが違法ギャンブルである理由

インカジが違法ギャンブルである理由

インカジはオンラインカジノをギャンブルに利用しています。
そのため、インカジはオンラインカジノの代理業者的な役割を果たしていると考えられますが、インカジとオンラインカジノの間にはどのような関係性もありません。

インカジ側はオンラインカジノ側から許可を得ることなく、客をとってオンラインカジノを提供しています。
しかし、オンラインカジノ側にとっては、インカジが関係していようがいまいが、得られる利益にはまったく関係ないので、誰がどのように利用していてもそれがオンラインカジノの規約範囲内であれば特にどのような対策も行いません。

オンラインカジノは海外では安全性の高さが特徴の合法ギャンブルであり、日本から利用した場合においても賭博罪にあたる部分がないため、利用しても違法行為とはなりません。
違法行為を決定づける金銭の受け渡しに関しても、オンラインカジノの場合は海外のサービスを利用し入出金を行うことになるので、日本国内において金銭の受け渡しを行ったということにはなりません。

インカジはこうした違法にはあたらないオンラインカジノを利用しているので、インカジでオンラインカジノを利用しても法に触れないのではないかと思ってしまいます。
しかし、インカジは合法ギャンブルではないにも関わらず客との間で金銭の受け渡しが発生しているので、まずその時点で違法にサービスを提供しているということになります。

また、自宅等からオンラインカジノを利用する場合はオンラインカジノの運営会社が胴元となり、ゲームの利用が行われるサーバーが賭場となります。
オンラインカジノはサービスのすべてを海外においているので、運営会社もサーバーも海外にあります。
違法ギャンブルに適応される賭博罪は日本国内のみにしか効力を発揮しませんので、日本国内から利用していてもサービスのすべてが海外にあるオンラインカジノを賭博罪で裁くことはできません。

しかしインカジの場合は、そのオンラインカジノをインカジが客に手引きし提供しているので、胴元も賭場もインカジであると判断されてしまいます。
そのためインカジを利用すると、日本国内で違法ギャンブルを行ったとして単純賭博罪または常習賭博罪により逮捕されてしまいます。
また店側には賭博開帳図利罪という賭博罪の中でももっとも重い罪が科せられます。

このようにオンラインカジノは違法ギャンブルではなくても、オンラインカジノを利用したインカジは違法ギャンブルですので、オンラインカジノとインカジの違いを理解し、どんな経緯であれインカジを利用しないように気をつけましょう。

インカジの儲けはポイントにある

インカジの儲けはポイントにある

オンラインカジノでギャンブルを楽しもうとする場合、その入出金には海外の電子決済サービスを使うのが一般的となっています。
以前と比べると手数料もずっと安くなり、送金スピードも上がっているので、使いやすさの面ではずいぶんと便利になってきています。

インカジの場合はインカジ側が事前にオンラインカジノで利用できるポイントを購入し、利用者にそのポイントを転売することによって儲けを出しています。
たとえば、1ポイント50円で購入したポイントを1ポイント100円で販売すると、かなり大きな儲けを出すことができます。
利用者のほとんどはこうしてポイントの価格をつり上げられていることを知りませんが、中にはその高すぎるポイント価格について知りながらも利用する利用者がいます。
そうした利用者はオンラインカジノの決済を面倒と感じている方です。

電子決済サービスのアカウント開設はそれほど難しくはありませんが、本人確認書類の提出が必要となるので、利用したいと思ったその時にすぐに利用することはできません。
また、便利になってきたとは言えど、手数料は各電子決済サービスで違いますし、送金スピードに関しても各オンラインカジノごとで違いがあります。
こうしたオンラインカジノの入出金を省けるのならと、ポイントが高く販売されていてもそれを気にせず購入する利用者がいます。

オンラインカジノは海外のギャンブルであるため、国内のギャンブルと比べると入出金面がやはりネックとなります。
ですが、だからといって入出金の手間を省けるインカジを利用すると、初めのワンプレイで逮捕されてしまう可能性もなきにしろあらずですので、手間を省きたいという理由だけでインカジを利用してはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です