歴史ある不敗戦法の注意点

オンラインカジノは攻略法を持って挑む

オンラインカジノは世界中のどんなギャンブルよりも負けにくいギャンブルとして知られています。

ギャンブルの負けにくさはペイアウト率というパーセンテージにより表されています。
ペイアウト率というのはいくら使っていくら戻ってきたかを表すパーセンテージです。
ペイアウト率が50%ですと、使った金額の半分が戻ってくるということになります。

日本のギャンブルのペイアウト率は、パチンコで80%、競馬、競輪で70%、宝くじで40%となっています。
つまりもっとも負けやすいのは宝くじということになります。
これは宝くじ購入の経験がある方ならばよくよく納得できるパーセンテージでしょう。

それではオンラインカジノのペイアウト率はどうなっているのかというと、なんと96%という驚異的なパーセンテージとなっています。
100ドル使っても96ドル戻ってくるということになりますので、かなり負けにくいギャンブルあるということがわかるでしょう。

しかし、いくら負けにくいギャンブルだからといっても、プレイを続ければ続けるほど平均値に近づいていくので、結果的に使った金額の4%分は失ってしまうことになります。
ベット額が小さければ特別大きな痛手とはなりませんが、ベット額が大きくなればなるほど大きな金額を失ってしまうことになります。

そこで、オンラインカジノで負けないために役立つのが攻略法です。
オンラインカジノのゲームのベースは実際のカジノ店で用意しているカジノゲームです。
カジノの歴史は古く、その歴史の分だけ攻略法も多くあります。
そうした攻略法を使用しゲームに挑めば、ただでさえ負けにくいオンラインカジノで負けにくいギャンブルを行うことができます。
資金を減らすことなく、ゲームを続けられれば、それだけ利益を積み重ねていくことができますので、オンラインカジノで負けないギャンブルをしたいのならば攻略法を使用するのが得策です。

マーチンゲール法の賭け方

カジノゲームの攻略法の中でも、特に負けない攻略法として知られているのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は理論上絶対に負けない攻略法なので、オンラインカジノでの負けのリスクを大きく減らすことができます。
マーチンゲール法の使い方はとても簡単で、勝率2倍のゲームで負ける度にベット額を倍にしていく、ただこれだけです。
こうして負けの度にベット額を倍にしていくことにより、どれだけ連敗が続いていてもたった1度の勝ちで損益をプラスに転じることができます。

たとえば、わかりやすく1ドルでゲームをスタートしたとしましょう。
1ドルを賭けた最初のゲームで負けると損失は-1ドルとなります。
マーチンゲール法は負けるとベット額を倍にする攻略法ですので、次の2回目のゲームでは最初のベット額の倍の2ドルを賭けます。
2回目のゲームでも負けてしまうと損失は-3ドルとなります。
3回目のゲームでは2回目のベット額の倍の4ドルを賭けます。
この3回目でも負けると損失は-7ドルとなります。
そして、次の4回目のゲームでは3回目のベット額である4ドルの倍の8ドルを賭けます。
さらに4回目のゲームでも負けてしまった場合は損失は15ドルとなり、続いて5回目のゲームでは4回目のベット額8ドルの倍の16ドルを賭けます。

この5回目のゲームでようやく勝ちを得たとします。
4回目終了の時点での損失が-15ドル、5回目のゲームでの勝ち分が16ドルとなり、損失は+1ドルとなります。
このたった1度の勝ちで負け分をすべて取り返せるというのがマーチンゲール法の強みです。
マーチンゲール法を用いれば、利益を確保しながら負けない勝負を行えるので、オンラインカジノでの負けのリスクを減らすにはぴったりの攻略法と言えるでしょう。

マーチンゲール法を使う際の注意点

マーチンゲール法は1度の勝ちで負け分をなくすことができるので、理論上では絶対に負けることがない攻略法です。
しかし、オンラインカジノのゲームにはそれぞれベット額の上限が設定されています。
このベット額の上限のことをテーブルリミットと言います。
ゲームによりテーブルリミットの上限は違うのですが、平均すると大体300ドル前後となります。
マーチンゲール法は負けが続く度にベット額を上げていくため、このテーブルリミットに引っかかってしまわないように注意する必要があります。

1ドルからスタートしたとしても、8連敗してしまうと9回目のゲームでは256ドルを賭けることになります。
ここでもさらに負けてしまうと次の9回目は、マーチンゲール法のシステム上512ドルを賭けなければいけないことになってしまいます。
そうなると、ここでテーブルリミットに触れてしまいますので、マーチンゲール法の負けないという強みを失ってしまうことになります。

1ドルでスタートした場合でもこうした結果になるので、それが10ドルだとさらに早くテーブルリミットを迎えてしまうことになります。
勝ち同様に負けが長く続く可能性も少ないのですが、マーチンゲール法を使用する際はゲームのテーブルリミットを意識して使用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です