オンラインカジノがギャンブル依存症を引き起こす可能性があるのか

オンラインカジノがギャンブル依存症を引き起こす可能性があるのか
オンラインカジノが原因でギャンブル依存症を引き起こすケースがありますが、それはオンラインカジノには他の公営ギャンブルやパチンコには無い魅力があるからです。
きちんとギャンブル依存症対策をすることで安心してオンラインカジノを楽しめますが、全く対策せずに遊ぶのは大変危険です。
どれだけ意思の強い人であっても、ギャンブル依存症対策を怠ってはいけません。
そこで今回の記事では、オンラインカジノがどうしてギャンブル依存症を引き起こす可能性があるのかを徹底検証してみました。
これらはオンラインカジノのメリットではありますが、ギャンブル依存症の原因としてはデメリットにもなることを覚えておきましょう。

高いペイアウト率で勝ちやすい

ギャンブル依存症は、勝った時の喜びや快感を忘れることができず、何度もそれを味わいという欲求が生まれることで発症しやすいと言われています。
ギャンブルというのは全てペイアウト率があり、この数値が高ければ高いほど勝ちやすく、オンラインカジノは他のギャンブルと比べて非常に高い数値となっています。
例えば公営ギャンブルは70~75%と言われていますが、オンラインカジノは平均97%ほどあります。
ほぼ100%に近い数値のため、他のギャンブルよりも圧倒的に勝ちやすいのがオンラインカジノです。
これはオンラインカジノ最大のメリットの1つではありますが、ギャンブル依存症を引き起こすリスクのある、いわゆるデメリットでもあるわけです。

大きな負け分も一撃で取り戻せる爆発力

大きな負け分も一撃で取り戻せる爆発力
どれだけ多額のお金を失っていたとしても、オンラインカジノでしたらその損失を一撃で取り戻せる爆発力を持っています。
特にジャックポットボーナスを搭載するスロットの場合、数十万円や数百万円程度の獲得は普通に起こり得るもので、運が良ければ数千万数億円もの大金を一瞬にして手に入れることができます。
つまり一攫千金で億万長者も決して夢物語では無く、オンラインカジノで遊んでいる限り、誰にでも成し遂げられる可能性を秘めています。
このような大きな負け分も一撃で取り戻せる爆発力こそオンラインカジノの魅力ですが、その爆発力故にギャンブル依存症を引き起こす原因にもなります。

まるで本場ランドカジノにいるかのような雰囲気

ラスベガスやマカオ、フィリピンなど、ランドカジノが合法の国ではギャンブル依存症が社会問題にもなっています。
オンラインカジノはそんな本場ランドカジノにいるかのような雰囲気を味わえるため、たとえインターネット上であっても、同じようにギャンブル依存症を引き起こす可能性が十分にあります。
特にライブゲームでは、カメラを使った生配信で本物のディーラーによる様々なテーブルゲームを楽しめることから、その雰囲気は本場ランドカジノさながらです。
日本のリアルな世界では決して味わえない興奮を味わえるのがオンラインカジノなのです。
これもオンラインカジノのメリットではありますが、ギャンブル依存症の観点から考えますと、ある意味デメリットと言えるかもしれません。

クレジットカードで気軽に入金

オンラインカジノでは様々な入金方法が採用されていますが、ギャンブル依存症を引き起こす原因となるのがクレジットカードによる入金です。
ご存知の通りクレジットカードというのは、自分の資金ではなくクレジットカード会社から一時的に支払われるため、資産が減っていくという感覚がありません。
またクレジットカード情報を入力するだけでとっても簡単に入金が完了するため、その便利さから過剰に入金してしまいがちです。
気が付けば返済で首が回らない状況に陥ってしまうこともよくある話で、これはギャンブル依存症の症状でもあります。
もしギャンブル依存症対策に重点を置く場合には、クレジットカード入金は避け、その他のオンライン決済サービスや銀行送金を使うようにしましょう。
自分が持っている資産が徐々に減っていく様を常に把握できれば、ギャンブル依存症を引き起こす前に、歯止めをかけることが可能になります。

まとめ

まとめ
今回は、オンラインカジノがどうしてギャンブル依存症を引き起こす可能性があるのかを徹底検証し、それぞれ詳しく解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
オンラインカジノは高いペイアウト率で勝ちやすく、大きな負け分も一撃で取り戻せる爆発力を秘めています。
またまるで本場ランドカジノにいるかのような雰囲気を味わえ、クレジットカードで気軽な入金が可能です。
これら全てオンラインカジノのメリットではありますが、同時にギャンブル依存症を引き起こす可能性もあります。
オンラインカジノでギャンブル依存症を引き起こさないためにも、きちんとギャンブル依存症対策を意識して楽しむようにしましょう。
例えばオンラインカジノ大手のベラジョンカジノでは「自己規制機能」を搭載しており、入金額やログイン時間、プレイ時間などに規制をかけることができます。
一度規制してしまえば、有効期限が切れるまでは一切変更できないため、ギャンブル依存症対策として非常に有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です