オンラインカジノの利点と難点

オンラインカジノは、他のギャンブルと異なる点があります。お金を賭ける場所の違いもありますが、ペイアウト率の違いは大きいです。
カジノによってペイアウト率は異なりますが、公営ギャンブルよりは高めになります。ただしオンラインカジノの場合は、税金もかかります。

プレイする場所とペイアウト率の違い

オンラインカジノは、WEBでゲームをプレイする事になります。
ルーレットやポーカーなど多彩なゲームがありますが、いずれもWEBでプレイする事だけは共通しています。
かたや公営ギャンブルの場合は、必ずしもWEBでお金を賭けるとは限りません。
少なくともパチンコの場合は、お店に行く必要があります。

自宅でパチンコのゲームをプレイするのは不可能ですが、オンラインカジノなら自宅でもプレイ可能です。
自宅のパソコンでも構いませんし、スマートフォンでもプレイできます。
ですからオンラインカジノと他のギャンブルは、プレイできる場所の違いがある上に、ペイアウト率も異なる訳です。
他のギャンブルと比べると、オンラインカジノの方が稼ぎやすい傾向はあります。

ペイアウト率とは、プレイヤーに戻ってくるお金に対する割合になります。基本的には%で表記され、ペイアウト率が高いほど多くのお金が戻ってくる訳です。
例えば、特に何も枚数や戦略などを考えずに、ゲームをプレイし続けたとします。
もしもペイアウト率が80%のゲームであれば、100ドル賭けた後の所持金は80ドルぐらいになります。
そしてペイアウト率が70%のゲームなら、所持金は70ドル目安になる訳です。
すなわちペイアウト率が高いゲームの方が、プレイした後に多くの所持金が残りやすくなります。
オンラインカジノは、そのペイアウト率がかなり高めに設定されています。

他のギャンブルよりもペイアウト率が高い

公営ギャンブルの場合、ペイアウト率は70%や80%目安になります。
例えばパチンコやパチスロなどのゲームの場合は、ペイアウト率は80%目安です。
そして競馬や競艇の場合は、70%目安です。
宝くじが一番低く、40%から50%目安になります。

ただし還元率は、あくまでも全体平均になります。
実際には確率が若干変わる事もありますから、たとえパチンコでも90%を超えるケースもありますし、その逆もあります。
いずれにせよ、ペイアウト率が高い方が有利である事は間違いありません。
それに対してオンラインカジノの場合は、ペイアウト率は95%を超えています。
上述のパチンコや競馬と比べれば、利益率も高く見込める訳です。

カジノによってペイアウト率は異なる

ただしペイアウト率の数字は、オンラインカジノによって異なります。
例えばあるオンラインカジノの場合、ペイアウト率は99%前後を記録していたとします。
そのオンラインカジノでは色々なゲームを楽しむ事ができますが、あるスロットのゲームは99%を誇っている訳です。

また上記とは別のオンラインカジノの場合、ホラー系のスロットマシンを楽しむ事ができます。
そのカジノにも色々なゲームがありますが、ペイアウト率は98%になります。
ちなみにペイアウト率は、状況によって変動する事があります。
オンラインカジノのゲームの進め方は多彩ですが、プレイ方法によっては確率が若干高めになる事もあれば、その逆もあります。

いずれにせよ、オンラインカジノは他のギャンブルよりはペイアウト率は高めです。その分、他のギャンブルよりは有利であると評価されている事もあります。

オンラインカジノは一時所得の申告が必要

ところでオンラインカジノと他のギャンブルは、税金に関する違いもあります。
オンラインカジノで発生した利益額によっては、税金を納める必要はあります。

オンラインカジノによる所得の場合は、一時所得に該当します。
70万円以上稼いだ時には、確定申告しなければなりません。
逆に、利益額が70万円に達していない時は、わざわざ申告の手続きを行う必要はありません。

確定申告の手続きを進めるためには、カジノから書類も発行してもらう必要があります。
支払調書がカジノから発行されますし、所得額によっては領収書を提出する事もあります。
サラリーマンの場合は、源泉徴収票も提出しなければなりません。

ただし支払調書でなくても、認められる事はあります。
例えばカジノの収支明細をプリントアウトして提出しても、認められるケースはあります。
上記のような確定申告が必要である点は、他のギャンブルとの大きな違いの1つです。
パチンコや競馬などで利益が生じたとしても、わざわざ確定申告しなくても問題ありません。

なぜオンラインカジノは申告が必要かというと、記録が残るからです。
オンラインカジノでプレイするためには、銀行口座を活用した入出金の手続きが必要です。
銀行のサービスを活用する以上、どうしても記録が残ります。
しかしパチンコや競馬などでプレイする場合は、銀行には記録は残りませんから、申告は不要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です